読書の記録_国内作家ら・わ行

はたらく魔王さま! 20

和ヶ原聡司/著 電撃文庫 ありそうでなかった、勇者と魔王との 同居生活がここにて実現。 まあ魔王は相変わらずヘタレなのだが。 でも、ちーちゃんがここまで主役化するとは思わなかった。

はたらく魔王さま! 19

和ヶ原聡司/著 電撃文庫 久しぶりか、魔王さまがずっと働いていた。 あまり進んでいないけれど、 脇役の人間たちにもネタバラシということに なり最終決戦の準備をしているようだ。

はたらく魔王さま! 18

和ヶ原聡司/著 電撃文庫 間が空いてしまったためか 異世界側に興味がそれほどないためか 登場人物の半分が誰状態に。 人間界は進路や異動の季節になって変動あり。

はたらく魔王さま! 17

和ヶ原聡司/著 電撃文庫 前作から一ヶ月しか時間が過ぎていない! 話も魔王が正社員試験落ちた、のは大きなトピックで ファンタジー小説要素は確かにあるのだが 木崎店長の今後の展望などのお仕事小説要素の方が強かった。

はたらく魔王さま! 0-II

和ヶ原聡司/著 電撃文庫 魔界過去編第2弾。 一部16巻の続きもあるが。 魔王軍四天王が揃う話。 女悪魔が初登場だったが萌えじゃないのにウケた。

はたらく魔王さま! 16

和ヶ原聡司/著 電撃文庫 勇者と魔王が活躍せずに、 ちーちゃん無双の巻だったが、 そんなにSugee! な展開はあまり求めてなかったり。

はたらく魔王さま! 15

和ヶ原聡司/著 電撃文庫 念願の正社員研修のため、 魔王が作中でもほぼ不在だった。 表紙のとおりクリスマス時期であるが、 異世界の過去がいろいろ明かされていく。 急にSF設定が出てきて驚いた。

はたらく魔王さま! 14

和ヶ原聡司/著 電撃文庫 全巻の爆弾発言が気になっていたのに、 短編集だったので少しがっかり。

はたらく魔王さま! 13

和ヶ原聡司/著 電撃文庫 この作品での天使のダメっぷりさが また新たに。ただ、そのおかげで 家族紛争が少しましになった。 最後の引きで爆弾発言が。

はたらく魔王さま! 12

和ヶ原聡司/著 電撃文庫 話があまり進まなかった。 この巻で恵美がデレる。

はたらく魔王さま! 0

和ヶ原聡司/著 電撃文庫 短編3作。 タイトル「0」のとおり、 本編の前日譚ストーリーだった。

はたらく魔王さま! 11

和ヶ原聡司/著 電撃文庫 日常に戻ったが、 魔王に新たな受難があり笑えた。 恵美の家族問題はまだ続いていて なんか、ラストいい意味でひどかった。

はたらく魔王さま! 10

和ヶ原聡司/著 電撃文庫 ややシリアスな異世界話が完結。 ここでひと段落といったところか。 大家さんの正体の片鱗が!!

はたらく魔王さま! 9

和ヶ原聡司/著 電撃文庫 8巻からの続き。 とうとう、舞台はエンテ・イスラへ。 魔王の考えや悪魔の謎が少し明らかになったが、 またもや話は続くだった。

はたらく魔王さま! 8

和ヶ原聡司/著 電撃文庫 「はたらく」よりも「バトル」がメインで、 次の巻へ続くの引き。 またもやキャラが増加してややこしい。

はたらく魔王さま! 7

和ヶ原聡司/著 電撃文庫 日常もの短編集だった。 4作収録。 訪問販売とバイトの話がよかった。

はたらく魔王さま! 6

和ヶ原聡司/著 電撃文庫 以前の敵が協力者となってちーちゃん特訓の巻。 また、各人の夢が語られている。 天使の正体がはっきりとしたが、 では対する悪魔は、という謎が提示された。

はたらく魔王さま! 5

和ヶ原聡司/著 電撃文庫 魔王城にもTVがやってくる。 なんだか、ちーちゃんが凄いことになっていたぞ。

はたらく魔王さま! (4)

和ヶ原聡司/著 電撃文庫 やんどころなき事情で、千葉県犬吠埼の 海の家で働くことになった魔王一行の話。 ニートの漆原が働く!

はたらく魔王さま! 3

和ヶ原聡司/著 電撃文庫 またもや異世界から新キャラクターが。 ラノベで子育て話は珍しい? 新たな伏線も出てくるが、いつ大家さんは帰って来るのか?

はたらく魔王さま! 2

和ヶ原聡司/著 電撃文庫 アニメ版はここまでの話を元にしている。 確かに綺麗にオチをつけるのにはいいかも。 2巻で初登場の鈴乃を軸にして話が動いていく。

はたらく魔王さま!

和ヶ原聡司/著 電撃文庫 アニメを観た、ということで読んでみた。 原作小説の方がややコメディ色は 少し抑えめになっていて、堅実な内容だった。 一番きになる、大家さんの正体は今後解明されるのか?

楽園追放 rewired サイバーパンクSF傑作選

虚淵玄、大森望/編 ハヤカワ文庫JA <収録作品> 『クローム襲撃』ウィリアム・ギブスン/著 浅倉久志/訳 『間諜』ブルース・スターリング/著 小川隆/訳 『TR4989DA』神林長平/著 『女性型精神構造保持者』大原まり子/著 『パンツァーボーイ』ウォルター・ジ…

処刑までの十章

連城三紀彦/著 光文社 様々な思惑が絡み、 推理が一転二転してどれが本当なのかが はっきりわからないままなので消化不良ぎみだった。

逝きし世の面影 (日本近代素描 (1))

渡辺京二/著 葦書房 東関東大震災の後くらいから 再評価され一部話題にもなったらしい。 江戸時代末期から明治初期にかけて 日本に訪問した外国人らの記録を通して 失われた江戸文化を読み解く。 江戸っ子は大正時の関東大震災でいなくなったと 夢野久作は述…

もりのへなそうる

わたなべしげお/作 やまわきゆりこ/絵 福音館書店 改めて読むと、おかあさんのお弁当が シンプルなんだけどなんとも美味しそうなこと! へなそうるは本当はそういう名前でなくて たぶん言い間違いで自称している気がする。

アンドロギュノスの裔 渡辺温全集

渡辺温/著 創元推理文庫 27歳で事故死した夭折の作家、 渡辺温の著作が全集でまとめられた。 手元に置けるのがうれしいけど1冊でまとまってしまうくらいの 作品数だったのは少しさみしい。 渡辺温のモダンなのに哀愁な文体が気に入っている。

恋文のおんなたち

連城三紀彦 文春文庫 エッセー+対談+短編が収録。 直木賞受賞作の『恋文』の 出版前後の時期のころのばかりなので、古めかしさあり。 対談の項に写真掲載されている 林真理子が一番印強烈なのってどうなのよ。